忍者ブログ
Linux管理をはじめて数年、これまでPleskにお任せして避けてきた自力サーバー管理をはじめることになった。自宅サーバーもやってみたいし。
サーバーはメールサーバーとしても利用するので、postfixとdovecotをインストールしよう。
昨日の記事に書いたyumでインストール自体はとても簡単にできた。

yum -y install postfix
yum -y install dovecot


なんて簡単なんだ・・嬉しい限り。
/var/log/yum.logを見るとインストールされたパッケージのバージョンなどが確認できる。私の場合

Mar 09 03:38:55 Installed: dovecot - 1.0.7-2.el5.x86_64
Mar 09 04:24:46 Installed: postfix - 2:2.3.3-2.1.el5_2.x86_64


こんな風になっていた。
それぞれの設定については少し手こずったが、いろんなページを見ながらなんとか完了した。

しかしどうしてもメールが受信できない・・・なぜ?
別ドメインからメール送信をしてみたのだが、メールが届かない。メーラーのログを見ると、ログインも正常に出来ているしリストの取得も出来ているのだが、新着無しという(0件)結果。
じゃああだぐしが送ったメールはいったいどこへいってしまったのだろう・・

/var/log/maillogを見ると、下記のようなログが出ていた。
Mar  9 22:38:36 mydomain postfix/smtpd[5880]: connect from smtp21.m3.home.ne.jp[220.152.44.19]
Mar  9 22:38:36 mydomain postfix/smtpd[5880]: 31CE413889DC: client=smtp21.m3.home.ne.jp[220.152.44.19]
Mar  9 22:38:36 mydomain postfix/cleanup[5889]: 31CE413889DC: message-id=<【メッセージID】>
Mar  9 22:38:36 mydomain postfix/qmgr[4061]: 31CE413889DC: from=<【送信元のメアド】>, size=959, nrcpt=1 (queue active)
Mar  9 22:38:36 mydomain postfix/smtpd[5880]: disconnect from smtp21.m3.home.ne.jp[220.152.44.19]
Mar  9 22:38:36 mydomain postfix/local[5893]: 31CE413889DC: to=<root@mydomain.jp>, orig_to=<info@mydomain.jp>, relay=local, delay=0.1, delays=0.09/0.01/0/0, dsn=2.0.0, status=sent (delivered to maildir)
Mar  9 22:38:36 mydomain postfix/qmgr[4061]: 31CE413889DC: removed


一見するとなんのエラーもワーニングも出てない。maillogの見方も、実はよく分からない。
でもなんとなく最後の二行が怪しいのでよく見てみると、

to=<root@mydomain.jp>, orig_to=<info@mydomain.jp>

なんだかinfo@に送ったメールがroot@に転送されているようだ。rootのメールディレクトリを見てみると、これまでに送ったテストメールっぽいものが貯まっていた。
いろいろ調べていると、

/etc/aliases
このファイルにinfoユーザがエイリアス登録されていることが分かった。
このinfoが記載されている行を # でコメントにしたところ、正常にメール受信が出来た。

カレンダー
12 2017/01 02
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright © Plesk卒業日記 All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]
PR